Blog Archives

花遊庭植物情報No.4「ギボウシ」

2017年9月26日

  ギボウシの特色 ギボウシは和、洋を問わず庭によく使われる落葉の宿根草です。 ギボウシは葉の色・形・大きさが様々で、 美しいカラーリーフとして楽しめる宿根草です。             ヨーロッパにおいては様々なギボウシを組み合わせて 美しいギボウシの庭(ギボウシはホスタと呼ばれ、 そのためホスタガーデンと呼ばれます)も作られています。             花は6月から8月にかけて花茎を長く伸ばした 涼しげな紫や白の花を咲かせます。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ギボウシの育て方               ギボウシは夏の直射日光と乾燥を嫌がるので、 樹木の陰になるような日陰を好みます。 特に葉が黄色や斑入りの品種は 葉焼けしやすいので日陰に植栽します。 土壌は腐葉土などの腐食を多く含んだ水持ちがよく 水捌けも良い土が適しています。 場所が良ければ手入れはほとんど必要なく、放任でも丈夫に育ちます。 ただし5年以上たって株が大株になりすぎたら株分けをして植え替えをします。 植え替えの時期は葉がなくなっている冬から春先が良いでしょう。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ギボウシの植栽のポイント   葉があるときは見事な景色をつくりますが、葉がなくなる冬はとても寂しくなります。 そのため他の常緑の宿根草やグランドカバーとの組み合わせを考えておきます。 イングリッシュガーデンのような雰囲気の庭には、 大きな葉や色、斑入りなどの特徴的な品種はよく合います。 逆に和の雰囲気のある雑木的な庭には比較的小さな葉の品種が良いでしょう。    

花遊庭植物情報No.3 [常緑ヤマボウシ]

2017年9月26日

  常緑ヤマボウシの特色                 最近よく出回ってきた庭木として常緑のヤマボウシがあります。 中国が原産で、日本在来の落葉のものより花付きがよく、樹冠一面に白い花を咲かせます。 花の咲く時期は落葉のものより約1ケ月ほど遅く6月に咲き、秋に赤い実をつけ食べることもできます。 品種によって成長の仕方が違うので、よく確認してから植栽します。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 常緑ヤマボウシの品種 【ホンコンエンシス】               常緑ヤマボウシの中ではよく栽培されている品種です。 花付きや実付きも良く枝はよく伸びるので、大きくしたくない場合は 早めに切り戻しや枝透かしの剪定を行います。   【ガビサンヤマボウシ】               枝が横に広がりにくい品種で、狭い庭にも植えることができます。   【サマーグラッシー】               花付きと実付きが非常に良い品種です。   【ヒマラヤヤマボウシ・マウンテンムーン】           [...]

花遊庭植物情報No.2 [タイタンビカス]

2017年9月14日

タイタンビカスは夏に非常に大きな花を咲かせるフヨウの仲間の宿根草で、樹木ではありません。

花遊庭 “現代感覚の和庭” がさらに魅力的になりました。

2016年6月13日

花遊庭 “現代感覚の和庭” がさらに魅力的になりました。昨年、夏から秋にかけてリニューアルした“現代感覚の和庭” をさらにリ・ガーデンして、より魅力的な和庭になりました。

改修工事で花遊庭がより魅力的になりました!

2015年9月28日

夏から秋にかけて花遊庭をより魅力的な庭にするための改修工事を行いました 。
①駐車場の一角にオリーブの古木を植栽
スペインのアンダルシア地方から輸入した樹齢約200年のオリーブの古木を植えました。
オリーブの横には茶系の石をダイナミックに配置し、根元にはセントオーガスチンという芝生を植えました。この芝生は葉が広いですが、雑草が生えにくく日陰でも育つことができます。

「ハイブリットガーデンの提案」の庭が花遊庭に完成しました -その1-

2014年12月1日

「和魂洋才の庭」

伝統的な日本の石積に代表される和庭にモダンなガラスの灯を組み合わせました。

“カセットプラント”に花遊庭の花と葉が使われています。

2014年9月2日

“カセットプラント”とは・・・

美術家の山口啓介氏がドイツ滞在中の1997年に発案した作品です。音楽用カセットテープのケースに乾燥させた植物の花や葉を天然樹脂とともに封じ込め、そのカセットケースをレンガのように積み重ねた立体作品です。
山口氏の作品のイメージのひとつに「方舟」があります。カセットケースの中に花や植物を保存し、未来へその遺伝子を残していくというカセットプラントのコンセプトは、カセットケースによる方舟とも言えるでしょう。

本日、NHK趣味の園芸 “花遊庭”にて収録終了しました!

2014年8月25日

  今日は朝からどんよりとした空模様でしたが、少しづつ日が射してきて絶好の撮影日和になりました。 9月放送予定、『NHK趣味の園芸』の撮影です。 『ガーデニング王子』として知られる趣味の園芸ナビゲーターの“三上真史”さんが、花遊庭に来庭され無事撮影が終了しました。 当社ガーデナーの天野麻里絵とともに、四季咲きナデシコの様々な楽しみ方をお送り致しますのでお楽しみに!   放送日:9/14(日) AM8:30~8:55 再放送:9/18(木) AM10:30~10:55 詳しくは『NHK趣味の園芸』9月号テキストにてご覧ください。