Blog Archives

花遊庭植物情報No.4「ギボウシ」

2017年9月26日

  ギボウシの特色 ギボウシは和、洋を問わず庭によく使われる落葉の宿根草です。 ギボウシは葉の色・形・大きさが様々で、 美しいカラーリーフとして楽しめる宿根草です。             ヨーロッパにおいては様々なギボウシを組み合わせて 美しいギボウシの庭(ギボウシはホスタと呼ばれ、 そのためホスタガーデンと呼ばれます)も作られています。             花は6月から8月にかけて花茎を長く伸ばした 涼しげな紫や白の花を咲かせます。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ギボウシの育て方               ギボウシは夏の直射日光と乾燥を嫌がるので、 樹木の陰になるような日陰を好みます。 特に葉が黄色や斑入りの品種は 葉焼けしやすいので日陰に植栽します。 土壌は腐葉土などの腐食を多く含んだ水持ちがよく 水捌けも良い土が適しています。 場所が良ければ手入れはほとんど必要なく、放任でも丈夫に育ちます。 ただし5年以上たって株が大株になりすぎたら株分けをして植え替えをします。 植え替えの時期は葉がなくなっている冬から春先が良いでしょう。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ギボウシの植栽のポイント   葉があるときは見事な景色をつくりますが、葉がなくなる冬はとても寂しくなります。 そのため他の常緑の宿根草やグランドカバーとの組み合わせを考えておきます。 イングリッシュガーデンのような雰囲気の庭には、 大きな葉や色、斑入りなどの特徴的な品種はよく合います。 逆に和の雰囲気のある雑木的な庭には比較的小さな葉の品種が良いでしょう。