Blog Archives

植物情報  NO.15 「キンモクセイの仲間」

2017年10月23日

  キンモクセイの特色                   キンモクセイは中国原産の常緑中高木で、10月にオレンジ色の非常に甘い香りの花を 咲かせ、その甘い香りによって本格的な秋の訪れを感じさせてくれます。 日当たりを好み丈夫で育てやすく、枝葉が密生して刈込みに向いており、 玉物や垣根として利用されます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ キンモクセイの剪定 キンモクセイは萌芽力があり、刈込みに耐えます。枝葉の成長はそれほど速くないです。 花はその年に出た枝に咲くので、花が終わった秋から翌年の春までに剪定を行います。 強剪定にも耐えますが、冬の寒さには弱いので冬には強い剪定はしません。 刈込みを続けると中の枝が込んでくるので、時には込みすぎた枝を透かす剪定を行います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ キンモクセイとギンモクセイの違い 【キンモクセイ】                   【ギンモクセイ】                   品種としてはギンモクセイが先で、キンモクセイはその変種とされています。 育て方はほぼ同じです。 花の色はキンモクセイがオレンジ色、ギンモクセイが白あるいはアイボリー色です。 花数はキンモクセイのほうが多く、ギンモクセイが少ないようです。 花の時期はギンモクセイのほうが少し遅く、香りはキンモクセイのほうが強いようです。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 春咲きのキンモクセイ “オスマンサス・デラバイ” 【キンモクセイ オスマンサス・デラバイ】       [...]