花遊庭植物情報No.2 [タイタンビカス]

 

 

タイタンビカスは夏に非常に大きな花を咲かせる

フヨウの仲間の宿根草で、樹木ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

1株で200輪以上の花を夏から秋まで咲かせ続けます。

花は直径20センチ以上の大きな花ですが、

一日花で朝開いたら夕方にはしぼみます。

非常に丈夫な植物で、成長が早く春から伸びだした茎は

夏には2m以上になり株も横に広がって大株になりますので、

広いスペースが確保できるところに植えます。

また、日当たりの良いところで腐葉土などしっかりと土壌改良したところに植栽します。

冬になると地上部が枯れこんでくるので、地際ですべて切り取ってしまいます。

植栽して2、3年で充実した大株になります。

 

◆タイタンビカスの品種

 

タイタンビカスには草丈が高くなるトールタイプ(約2m以上)

比較的低くなるショートタイプ(約1~1.5m)があります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆トールタイプ

 

【ローズ

落ち着いた色合いのローズピンクで、しっとりとした雰囲気の花です。

テラスガーデンに植栽してあります。

他に真っ赤なブライトレッドや白花のピーチホワイトがあります。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ショートタイプ

 

【アルテミス】

白い花弁にほんのりピンクの覆輪が入った花を咲かせ、

コンパクトな草姿です。

 

 

 

 

 

 

 

 

【アドニス】

深紅の花を咲かせます。

 

 

 

 

 

 

 

Tags: , ,