イギリスの庭づくり Part2

 

イギリスには大変美しいといわれる「庭」がたくさんありますが、
その中でも私個人として一番好きな庭を紹介します。

 

その庭は、ロンドンから車で東南の方角に2時間ほど行ったところにあります。

名前を『シシングハースト・キャッスル・ガーデン』といいます。
元々は貴族のマナーハウスだったようです。

 

中央にあるタワーから庭を展望すると、その凄さがよく分かります。

 

広大な庭はレンガの塀や生垣によって、エリア毎に区分けされています。
そして、それぞれの庭にはテーマカラーが決められています。

 

その中でも一番美しいと言われているのが、このホワイトガーデンです。

私が訪れた時はすでにバラのシーズンは終わっていたのがとても残念でした。
中央で花をいっぱいに咲かせる白色の見事なランブラーローズです。
個人的にはこの庭に憧れて『花遊庭』の中に“ホワイトガーデン”を作りました。

 

このエリアのテーマカラーは「青」と「紫」です。
とても上品な色の組み合わせです。

 

このエリアのテーマカラーは「オレンジ」と「イエロー」です。
とても生き生きとした色合わせです。

 

最後に、この庭の中でビジターが必ず記念の写真を撮るスポットが
このクレマチスの花が咲く塀です。また、このベンチの存在が何とも言えません。

 

Tags: , , , , ,