Blog Archives

春日井都市緑化植物園におけるガーデニング Part9

2015年9月28日

休憩室設計コンセプト
『秋の奥深い里山ガーデン』

優しい雰囲気の雑木を主体に植えて、秋の里山の景色を演出しました。

ハイブリットガーデンの具体的な作り方 Part9

2015年7月13日

咲きまわしガーデニングで花の咲き続ける庭にします。     植替えの回数と時期を決め、それに合わせた植物選びをする、 計画的な庭づくりを「咲きまわし」といいます。 計画的に植え替えをすることによって、メンテナンスの無駄も省け 四季を通して花が咲く庭を楽しみます。 最も手がかからない方法が年2回の植え替えプランです。 初夏から秋に咲くアンゲロニア、トレニアなど「暑さに強い種類」と、 冬から春に咲くパンジー、ビオラなど「寒さに強い種類」の2タイプから、 それぞれ開花期の長いものを選んで組み合わせます。               次週へつづく ・ ・ ・

ハイブリットガーデンの具体的な作り方 Part8

2015年6月30日

リビング空間の周囲は 優しい樹形の植木とオシャレな花を植えます   アウトドアのリビング空間は人々が集い、憩う大切な空間です。 それをより快適にするために優しい葉を持つソヨゴやヒメシャリンバイで 周囲からのプライバシーを守り、アオダモ、ヤマボウシなどの 枝が茂る落葉の雑木で日陰を作ります。 周囲は花の咲く一年草、宿根草、花木を組み合わせて植込み オシャレで庭と一体化したリビング空間に仕上げます。                       次週へつづく ・ ・ ・

ハイブリットガーデンの具体的な作り方 Part7

2015年6月15日

園路、階段、飛石に植物を組み合わせます   園路、階段、飛石などは使いやすい事も大切ですが、 その隙間や周りに宿根草などの背の低い植物を植えることによって 優しい景色にします。 花遊庭の園路のピンコロ石と目地のディコンドラの組み合わせは 20年以上ノーメンテナンスで優しい景色を保っています。 階段の蹴上の隙間にも伸びの少ない小型の宿根草を植えます。                             次週へつづく ・ ・ ・

ハイブリットガーデンの具体的な作り方 Part6

2015年6月11日

夏の草花にはコリウスやカラジウムを植えます   最近の日本の夏は猛暑で草花を育てるのが難しく、 あきらめかけている人もいます。 夏は花ではなく、ボリューム感のある葉を楽しむコリウスを植えます。 赤、オレンジ、黄色、銅色、ライムなど葉色も豊富で、 ピンチを適宜行えば長い期間にわたって庭にインパクトのある彩を 与えてくれます。 カラジウムは観葉植物ですが、暑い夏を乗り切る植物としては最適です。 他にオリズルランやストロビランデスもカラーリーフが楽しめるお奨めの観葉植物です。               次週へ続く ・ ・ ・

ハイブリットガーデンの具体的な作り方 Part5

2015年6月1日

キッチンにはローズマリー、マリーゴールド、
ナスターチュームを植えます
庭にあるキッチンガーデンはその周囲を低木で縁取りをして、
野菜が小さい時や収穫後でも少しは見栄えがあるようにします。

ハイブリットガーデンの具体的な作り方 Part4

2015年5月26日

茶庭にチューリップやクリスマスローズを植えます。 従来の茶庭にはあまり積極的に花の咲くものは植えないようでした。 しかし、花遊庭の茶庭にはチューリップやクリスマスローズが植えられています。 特にチューリップは原種系の品種で、宿根性のため毎年優しい花を咲かせます。 どちらの花も洋花ですが茶庭の雰囲気にとても合います。 このように「和」の庭の典型であります茶庭に「洋」の花のチューリップやクリスマスローズを 融合させることによって庭の楽しみが増えます。                   次週へ続く ・ ・ ・

ハイブリットガーデンの具体的な作り方 Part3

2015年5月18日

ジューンベリーとクリスマスローズは
最高のコンビネーションです

住宅の限られた狭い空間に、ジューンベリーの株立ちとその株もとにクリスマスローズを植えます。ジューンベリーは4月の初めに白い小花をいっぱい咲かせ、春の訪れを教えてくれます。その後丸い葉の新緑になり、6月には甘酸っぱくて食べられる小さな実をいっぱいつけます。

ハイブリットガーデンの具体的な作り方 Part2

2015年5月11日

狭い空間でも自然風の雑木の庭を楽しみます。
住宅の狭い玄関や駐車場周りに、成長の穏やかなアオダモ、ツリバナ、ナツハゼ、ソヨゴなどの雑木を植えて自然な雰囲気を演出します。

ハイブリットガーデンの具体的な作り方

2015年5月8日

庭の土が出ている面積を少なくして除草の楽な庭にします
砂利、石材、レンガ、コンクリート製品などを植物とうまく組み合わせて、
緑の面積を少なくしても見栄えのする庭にします。・・・