Monthly Archives: 5月 2012

コニファーはとても大きくなるものがあります

2012年5月25日

コニファーはとても大きくなるものがあります。コニファーは葉の色が美しく、様々な樹形をしている
針葉樹の植木を総称しています。コニファーをよく使いますイギリスにおいては、本来のコニファーの
良さは生長が遅くて手入れが楽であることでした。

植木の成長の仕方を正しく知っていますか?

2012年5月17日

植木は毎年、春から秋にかけて大きくなります。しかし、具体的に植木の枝や幹のどの部分が成長するのかは
あまり理解されていないようです。それを正しく理解しておかないと、自然形の優しい樹形に
なるように植木を剪定することはできません。

イギリスの庭づくり Part1

2012年5月11日

イギリスの庭づくり Part1
今回から私の大好きなイギリスの庭を紹介していきます。最初に紹介しますのは、世界で最も美しい田舎といわれていますコッツウォルズ地方の“バイブリー”という村です。

花遊庭に「わ・さ・び の 庭」が加わりました。

2012年5月7日

スタジアムのイベントに出展したものと同じコンセプトの庭です。 自然の里山の景色を切り取って来たような庭です。これからの時代において人の心を癒してくれる、心地よい庭でもあります。 優しい雑木の植栽を中心に植栽をし、足元には低木と下草、コケをあしらいました。 木曽の山から採石しました“ごろた石”と“チャート石”で自然らしさを演出しました。 この庭のシンボルの植木は皇室の愛子様の御印の木である“ゴヨウツツジ”です。 今ちょうど“ヒメオオギ”の花が優しく咲いています。 背景の垣根は雑木の技を使った野趣味のあるものです。 「和」の庭の中に、「侘び」と「寂び」を取り込んだ日本の庭を『わ・さ・び・の庭』と呼んでいます。 是非、花遊庭にお越しいただいてご覧ください。        

“とよたガーデニングフェスタ”に『わ・さ・び の 庭』を出展しました

2012年5月2日

里山の自然の景色を切り取ってきたような、心を癒してくれる雑木の庭が今回の庭づくりのコンセプトです。
より自然らしさを出すために植木にもこだわり、一本だけでは観賞に値しないような植木も組み合わせることによってとても自然らしさを演出できます。