Monthly Archives: 4月 2012

京都へ庭の勉強に行ってきました。part2

2012年4月27日

〔東福寺方丈と「八相の庭」〕
この庭は作庭家の重森三玲氏によって作庭されたものです。
東庭は「北斗七星の庭」と言われ、七石の円柱の石を
北斗七星に見立てて作られた庭です。

京都へ庭の勉強に行ってきました。part1

2012年4月26日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1日目 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・〔アサヒビール 大山崎山荘美術館〕 この美術館は以前からの古い大山崎山荘と安藤忠雄氏の設計によるモダンな新館との構成になっております。 サンルームになっています渡り廊下で、池を眺めながら使われていたようです。 特に安藤氏による新館は展示館が地中にあり、まわりの景観ととてもうまく調和されています。 新館に続く渡りの横はカスケードになっており、このおかげで既存の庭とうまく溶け込んでいます。 庭の池のほとりには、どっしりとした歴史を感じさせる藤棚があります。 興味深い竹垣がありました。これはもしかしたら「竹ぼうき」で作られているかもしれません。 庭にはちょうど見頃を迎えたサクラがありました。名前が「御衣黄」(ぎょいこう)という薄緑の八重咲の非常に美しいサクラです。 庭の中に展示されている「石」です。この石の丸い穴から何を覗いていたか、とても興味がわきました。   〔北村美術館の庭園「四君子苑」〕 京都の鴨川沿いにあります茶室と茶苑の庭園です。 庭園にはたくさんの石造美術館が展示されています。 三角の雪見灯篭です。昔のものですがとてもモダンに感じられます。 蹲踞(つくばい)に水を注ぐ竹の筧(かけい)の取付がとても洗練されています。   〔京都駅前のヨドバシカメラさんの壁面緑化〕 ヨドバシカメラさんの建物の北面です。一面に壁面緑化が施されています。 たくさんの植物によって絵を描くように混色されています。植物は思いのほかよい生育状況でした。 <主に植えられている植物 >オタフクナンテン、 アイビー、西洋イワナンテン、ヤブラン、シダ類、ツワブキ、アジサイ、アオキ、ヤブコウジなど

春日井都市緑化植物園におけるガーデニング

2012年4月19日

4月16日、17日の両日にわたって、愛知県春日井市の植物園にてとてもオシャレなガーデニングのディスプレイを行ないました。 このディスプレイは春日井のボランティアグループの「パセリクラブ」さんの手によるものです。 私はこのディスプレイガーデンのデザインと、パセリクラブさんの指導をさせていただいております。 植物園のお手伝いをさせて頂いて今年で4年目を迎えますが、今回のディスプレイはとても完成度の高い仕上がりになったと思います。 休憩室のコンセプトは“春の里山”です。出来るだけ里山の自然の優しい景色をイメージして庭を作りました。 中央部分は自然な雰囲気のキッチンガーデンにしました。優しい草花もアレンジしてポタジェガーデン風に仕上げました。 手作りのフェンスにはクレマチスが絡ませてあります。 ストリートでは、壁面のデコレーションをイギリスの田舎の景色をイメージして庭づくりを行ないました。 ブルーグレー色のアンティークなフェンスをポイントにしたイングリッシュガーデンのディスプレイです。これらもすべてボランティアさんの手作りです! この壁面ディスプレイもすべてボランティアさんの手作りです! 雑木の枝を使った手作りベンチは緑と草花がとても上手にアレンジされています。 今回このような大変素晴らしいディスプレイが出来ましたのは、パセリクラブの皆さんの技術が優れていることと、花と緑をアレンジするセンスがとても良い事に尽きると思います。パセリの皆さん大変ご苦労様でした!!  

花遊庭が過去にない数のお客様で賑わっています!

2012年4月10日

4月8日、中日新聞さんの朝刊に花遊庭の見頃を紹介いただいたところ、
一日に1000人を越すお客様が花遊庭にご来場されました!