植物情報 NO.19 モチノキの仲間

2017年11月24日 by 天野勝美

 

 

 

 

 

 

 

 



庭木の中で常緑中高木としてよく使う植木にモチノキがあり、

品種としてはモチノキ、クロガネモチノキ、ソヨゴ、ナナミノキ、シイモチがあります。

もともと日本原産の植木で昔から庭によく植えられていました。

雌雄異株で雌木には秋に赤い実をつけます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モチノキの品種

【モチノキ】とクロガネモチノキ

どちらもよく似た植木ですが、クロガネモチは葉柄が紫黒色をしているので

見分けがつきます。成長は共に比較的遅いです。

成長するととても太い大木にもなり、庭の主木として使われてきました。

クロガネモチは雌木を接ぎ木したものが一般的に生産されているので

秋に赤い実がつきます。

↓ クロガネモチ

 

 

 

 

 

 



ソヨゴ

 

 

 

 

 

 

 

 

名前の由来が風を受けて葉がそよぐことからつけられたとも言われます。

成長はとても遅く優しい樹形をしているので好まれ、

特に山採りの株立もよく使われます。

ただし、山採りの株立ちは根鉢がとても大きい場合があるので注意します。

畑で生産しているものは雌木で実がつきます。

 

ナナミノキ

 

 

 

 

 

 


成長も比較的遅く、自然樹形の植木として使われ、

株立ちの樹形も生産されています。

畑で生産されているものは雌木で実がつきます。

 

シイモチ

 

 

 

 

 

 


成長も遅く葉も小さくてあまり大きくならない植木です。

これからもっと使ってもいい植木かもしれません。

 

クロガネモチ、ソヨゴ、ナナミノキ、シイモチは花遊庭の玄関周りに植栽されています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モチノキの手入れ

害虫ではカイガラムシがつき、すす病を引き起こすこともあるので、

初夏から秋口にかけて殺虫剤で防除します。

↓ カイガラムシ

 

 

 




↓ すす病

 

 

 



モチノキは萌芽力が強く、強剪定をしても大丈夫な植木ですが、

秋から冬は木を弱らすので強剪定は行いません。

自然樹形を楽しむための剪定は6月から7月、あるいは9月に

剪定を行います。

透かし剪定を基本にして風が抜けるような優しい樹形を目指します。

木によっては刈込をし、仕立物の庭木として仕上げることもあります。

 

 

植物情報 NO.18 モミジとカエデ 

2017年11月23日 by 天野勝美

モミジとカエデの違い

 

 

 




モミジとカエデの違いをしっかりと説明することができる人は少ないようです。

モミジもカエデも同じカエデ科の落葉樹で

一般的にはその中のイロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジなどの

葉の切れ込みの深いものをモミジと呼んでいます。

そのほかはすべてカエデと呼んでいるようです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カエデの仲間の主な品種


【イロハモミジとヤマモミジ】

紅葉が美しく庭によく使われるモミジです。

イロハモミジのほうが葉が小さく、切れ込みも深いようです。

●イロハモミジ

 

 

 

 



江戸時代からイロハモミジやヤマモミジの園芸品種として

ノムラモミジアオシダレモミジなどたくさんの品種が作られています。

●ノムラモミジ

 

 

 

 




●アオシダレモミジ

 

 

 

 

 

ハウチワカエデコハウチワカエデ(イタヤカエデ)

●ハウチワカエデ

 

 

 




●コハウチワカエデ



 

 

 

 

雑木風の庭によく使われるカエデで、オレンジ色の紅葉になります。

 

ネグンドカエデの仲間

ピンク色の新葉が美しいネグンドカエデ・フラミンゴ

葉が黄色のオーレアの品種があります。

●ネグンドカエデ・フラミンゴ

 

 

 

 



●ネグンドカエデ・オーレア

 

 

 




成長は早く、幹にカミキリムシがつきやすいので注意します。

 

メグスリノキ

 

 

 

 

 

オレンジ色の紅葉が特に美しい木ですが、

幹にカミキリムシがつきやすいので注意します。

花遊庭にはカジカエデギンヨウカエデ・ピラミデールも植栽されています。

●カジカエデ

 

 

 



●ギンヨウカエデ

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カエデやモミジが紅葉するメカニズム


気温が下がり日照時間が短くなると、葉への栄養供給が止まり、

その結果クロロフィル(葉緑素)が分解され、他の色素によって色づいていきます。

モミジは赤の色素のアントシアニンによって赤く紅葉し、

イチョウはカロテノイドによって黄色に黄葉していきます。

きれいな紅葉(黄葉)の条件として

①日当たりが良いこと、

②日中の天気が良いこと

③昼と夜の寒暖差が大きいこと、

④適度な水分があることです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カエデやモミジのカミキリムシ対策

カエデやモミジの一番の害虫はカミキリムシです。

 

 

 

 

 

成虫は枝の皮を食べ枝を枯らし、幼虫は幹の中に

入って木そのものを枯らしてしまうこともあります。

成虫は捕獲したり忌避剤によって防ぎます。

幼虫は幹の地際におがくずがあったら穴を探し、

スミチオンなどの殺虫剤を注入します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カエデやモミジの剪定

■夏季剪定

枝や幹から芽が出て枝が込んでくるので、

6月から7月にかけて透かし剪定を行い風通しを良くします。

■冬季剪定

春先の水あげが2月には始まり、他の落葉樹と比べると早いため

剪定は葉が落葉した後から1月までに行います。

しなやかな枝が上で広がるように伸びるので

自然で優しい樹形にするために幹から枝に至るまで

「流れ」を止めないようにします。

特に枝先をブツブツと切り詰めることは避けます。

 

 

植物情報 NO.17 オリーブの仲間

2017年11月20日 by 天野勝美

オリーブの特色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリーブは中近東、地中海沿岸、北アフリカが原産の常緑の中高木で

ヨーロッパでは樹齢500年から1,000年の大木もあり、高さも10mにもなります。

日本にも樹齢300年以上、根元の直径が2mもの大木も輸入されています。

幹の成長はさほど早くはないですが、新梢は一年に1m以上は伸び、

枝も非常に込み合ってきます。

オリーブは一本だけでは実がつきにくいのですが、雄雌があるのではなく

自家受粉しにくいため、違う品種の木を2本以上近くに植えると実がつきやすくなります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オリーブの育て方と剪定

 

オリーブは日当たりが大好きで、湿気を嫌うので水はけの良い土壌に植えます。

放任しておくと、非常に枝が込み合って樹形が暴れた状態になり、

枝も横に良く伸びるので、狭い庭や玄関先には不向きです。

毎年2月から3月頃に不要枝剪定や切戻し剪定をして、幹に日が当たり風通しが

良い状態にします。

自然形の樹形を作るために、全体の枝のバランスを考えて剪定をします。

また、オリーブは萌芽力が強いので、大きさをコントロールするためにも

5年に一度くらいは強剪定をして枝を切り詰めます。

オリーブは5月頃、前年に伸びた枝に花を咲かせ秋に実をつけるため、

そのためにすべての枝を剪定して切り詰めてしまうと実は付きません。

害虫として、幹にアナアキゾウムシの幼虫が入って木を枯らしてしまうことがあります。

【アナアキゾウムシ】

幹の根元におがくずを発見したら、幼虫が入った穴を探し、

スミチオンなどの殺虫剤を注入して防除します。

根元のおがくずを見つけやすくするためには、根元に草花や低木を密植しないことです。

【スチオミン】

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オリーブの品種

 

現在オリーブはミッション、ネバディロブランコ、ルッカ、マンザニロなど

たくさんの品種が作られています。

【オリーブ・ミッション】

 

 

 

 

 

 

 

【オリーブ・ネバディロブランコ】

 

 

 

 

 

 


【オリーブ・ルッカ】

 

 

 

 




 

【オリーブ・マンザニロ】

 

 

 

 

 

 

 

特に狭い庭にオリーブを植えると時にはシプレッシーノが、

枝がまっすぐに上に伸びて横に広がりにくいので適しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植物情報 NO.16 セイヨウイワナンテンの仲間

2017年11月2日 by 天野勝美

 

セイヨウイワナンテンの特色


北アメリカ原産のツツジ科の常緑低木で別名はアメリカイワナンテンとも呼ばれ、

最近は葉に特色のある新しい品種が出回っており、ルコテーの名前が付けられて

いることがあります。

半日陰から日当たりの良いところを好み、とても丈夫で育てやすい植木です。

乾燥する土壌よりもやや湿り気があるほうがよく、病害虫に対しても強いようです。

ポット苗の状態ではコンパクトな姿をしていますが、庭に植栽をすると高さが

1m近くの大きな株になることもあるので注意します。

枝が優しく横に広がり、自然風は雰囲気を出す植栽に向いています。

4~5月にドウダンツツジの花のような白の小さな花を咲かせます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セイヨウイワナンテンの手入れ

放任状態であまり剪定をしなくても大丈夫ですが、

枝が伸びすぎてきたら切戻しの剪定を行います。春の新芽が出る前が良いです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セイヨウイワナンテンの品種

セイヨウイワナンテンには最近多くの新しい品種も出ています。

それぞれの特徴を理解して植栽します。

 

【セイヨウイワナンテン・レインボー】


 

 

 

 

 


セイヨウイワナンテンの代表的な品種で葉に白や少しピンクがかった斑が入り

ピンク色の美しい新芽が出ます。

セイヨウイワナンテンの仲間のなかでは一番大きな株になるので植栽場所に注意します。

 

セイヨウイワナンテン・アキシラリス】


 

 

 

 

 

 

 

濃い緑から赤みを帯びた葉が特徴的で、新芽も赤くなりシックな

雰囲気の庭に向いています。株の大きさはレインボーよりもコンパクトです。

 

セイヨウイワナンテン・バーニングラブ】

 

 

 

 

 

 

 


細葉で新葉が赤く色づき、比較的コンパクトな樹形になります。

秋から冬にかけての濃赤紫色に変化する葉色がきれいです。

 

セイヨウイワナンテン・トリカラー】

 

 

 

 

 

 




緑色にクリーム色の斑入りが入る品種で、冬は緑色が赤紫がかります。

比較的コンパクトな樹形になります。

 

セイヨウイワナンテン・リトルフレーム】

 

 

 

 

 

 

 



葉が小さめで、新芽が赤く色づいてキャンドルのような雰囲気になります。

比較的コンパクトな樹形になります。

 

セイヨウイワナンテン・マキアージュ】

 

 

 

 

 

 

 



新芽はピンクで、葉には涼しげな斑が入ります。

冬の寒さで葉が赤みを帯びてきます。

比較的コンパクトな樹形になります。


セイヨウイワナンテン・ホワイトウォーター】

 

 

 

 

 

 

 


葉に白の外覆輪が入る、オシャレな雰囲気の品種です。

比較的コンパクトな樹形になります。

 

植物情報  NO.15 「キンモクセイの仲間」

2017年10月23日 by 天野勝美

 

キンモクセイの特色


 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンモクセイは中国原産の常緑中高木で、10月にオレンジ色の非常に甘い香りの花を

咲かせ、その甘い香りによって本格的な秋の訪れを感じさせてくれます。

日当たりを好み丈夫で育てやすく、枝葉が密生して刈込みに向いており、

玉物や垣根として利用されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キンモクセイの剪定

キンモクセイは萌芽力があり、刈込みに耐えます。枝葉の成長はそれほど速くないです。

花はその年に出た枝に咲くので、花が終わった秋から翌年の春までに剪定を行います。

強剪定にも耐えますが、冬の寒さには弱いので冬には強い剪定はしません。

刈込みを続けると中の枝が込んでくるので、時には込みすぎた枝を透かす剪定を行います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キンモクセイとギンモクセイの違い

【キンモクセイ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ギンモクセイ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 


品種としてはギンモクセイが先で、キンモクセイはその変種とされています。

育て方はほぼ同じです。

花の色はキンモクセイがオレンジ色ギンモクセイが白あるいはアイボリー色です。

花数はキンモクセイのほうが多く、ギンモクセイが少ないようです。

花の時期はギンモクセイのほうが少し遅く、香りはキンモクセイのほうが強いようです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

春咲きのキンモクセイ “オスマンサス・デラバイ”

【キンモクセイ オスマンサス・デラバイ】


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近流通し始めてきた春に白い花を咲かせるキンモクセイの仲間です。

春に白い小花をたくさん咲かせ、成長の遅い常緑の低木で、芳香もありシュラブや垣根に使います。

日当たりの良い場所で、水はけの良い土を好みます。

花芽はその年に伸びた枝に夏ごろにつけますので、それ以降あまり剪定はしません。

 

植物情報  NO.14 「リュウノヒゲの仲間」

2017年10月23日 by 天野勝美

 

リュウノヒゲの特性と育て方


 

 

 

 

 

 




庭の下草やグランドカバーとしてよく使われる植物に“リュウノヒゲ”があります。

リュウノヒゲは別名を“ジャノヒゲ”とも言われ、細い緑の常緑の葉の宿根草で、

7月から8月に目立たない小花を咲かせ、冬に光沢のある美しい青色の実をつけます。

 

 

 

 

 





日当たりから日陰まで大丈夫で、育てやすい丈夫な宿根草です。

ほとんど放任状態で良いのですが、株が古くなって葉が込みすぎてきたら

株分けをして植え直しをします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リュウノヒゲの品種

【タマリュウ】

 

 

 

 

 

 

 


“タマリュウ”
“リュウノヒゲ”と呼ぶことがありますが別ものです。

タマリュウはリュウノヒゲの矮性種で葉は5㎝くらいしか伸びません。

和風の庭のグランドカバーとしてよく使われます。

ほとんど放任で手入れは必要ありませんが、葉が込みすぎると

葉色が悪くなり元気がなくなります。

生育状況にもよりますが、5年から10年に一度は込みすぎた株を分けて

植え直しをすると、元気できれいな緑のグランドカバーに戻ります。

芝生のように刈りこむことはしません。

コクリュウ

 

 

 

 

 

 

 

 

オオバジャノヒゲの園芸品種で、リュウノヒゲよりも葉が太く黒色の葉をしています。

最近はその黒色のシックな葉がガーデニングにもよく使われ、

ホワイトガーデンのアクセントにも向いています。

ハクリュウ

 

 

 

 

 

 

 




葉全体に白の斑が入る美しい園芸品種で庭を明るい雰囲気にします。

ハクリュウ・コクリュウともにリュウノヒゲの仲間のなかでは成長が遅く、

シェードガーデンにも向いています。

花遊庭、ホワイトガーデンのシンプルテラス前に植えられています。

 

植物情報  NO.13 最近人気の 「メラレウカ、カリステモン」

2017年10月16日 by 天野勝美

 

最近、東京などの都会において人気の植木が

オーストラリア原産の常緑中高木“メラレウカ”です。

“メラレウカ”“ティーツリー”と呼ぶ人もいますが、

ティーツリーはメラレウカと近縁種のレプトスペルマムのなかの品種です。

オーストラリアにて葉を薬用として使っていたのは

メラレウカの“メディカルティーツリー”

 

 

 

 

 

 

レプトスペルマムの“レモンティーツリー”です。

 

 

 

 

 

 

花遊庭の駐車場の西側にはメラレウカレプトスペルマムカリステモン

様々な品種が植えられており、その特性を確認中です。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メラレウカの特性

日当たりの良い場所で水持ちの良い土壌を好みます。特に夏の乾燥に注意します。

最近よく出回っている黄金葉の“レボリューションゴールド”は冬の寒さに弱いので、

できるだけ寒風の当たらない温かい場所に植えます。

 

 

 

 

 

 

初夏に白、ピンク、赤などの花を咲かせる品種があります。

葉色も緑から明るいライムグリーンや赤みを帯びたものまであり、優しい樹形が人気です。

品種によって耐寒性や成長の速さなどの特性が違いますので、注意して品種を選びます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メラレウカの剪定

品種の違いはありますが、成長は早く枝はよく伸びます。

萌芽力はありますので、花が終わった後に剪定を行って樹形を維持します。

ただし、寒い冬季は避けたほうが良いでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メラレウカの品種

●レボリューションゴールド

 

 

 

 

 


黄金色の葉が人気です。

花遊庭、楽庭ガーデンに植えています。

 

●スノーインサマー

 

 

 

 

 


初夏に樹冠いっぱいに真っ白な花を咲かせます。

花遊庭のホワイトガーデンに植えています。

 

●メディカルティーツリー

 

 

 

 

 

 

初夏に白い花を咲かせ、丈夫で育てやすい品種です。

エッセンシャルオイルを抽出し、アロマオイルとして使います。

 

 

 

 

 

 

 

●ブラックティーツリー

 

 

 

 

 

 

初夏に白い花を咲かせ、育てやすい品種ですが成長は早いです。

 

●レボリューショングリーン

 

 

 

 

 

 

白い花と濃い緑の葉を楽しみます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レプトスペルマムの仲間

レプトスペルマムはメラレウカと同じオーストラリア原産の常緑低木です。

日本でよく栽培されている“ギョリュウバイ”もこの仲間で、オーストラリア原産の

常緑低木です。冬から春に白や赤の小花を咲かせます。

 

 

 

 

 



“レモンティーツリー”は初夏に白い花を咲かせ、

エッセンシャルオイルを抽出しアロマオイルとして使います。

ただし、冬の寒さには弱いので注意します。

 

 

 

 

 

 

他には“ティーツリー” 、“カッパーグロー”、“シルバーウーリーティーツリー”などがあります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カリステモンの仲間


 

 

 

 

 

 

オーストラリア原産の常緑中高木で、“ブラシノキ”や“キンポウジュ”の名前でも

流通しています。メラレウカと同じフトモモ科の病害虫に強く、丈夫で育てやすい植木です。

夏の暑さや乾燥には強いですが、冬の寒さを嫌うため日当たりの良い温かい場所を

好みます。湿気を嫌うので水はけの良い土壌に植えます。

5月から6月に赤、ピンク、白などのブラシのようなエキゾチックな花を咲かせます。

最近は多くの品種が作られており、花遊庭では駐車場の西側に植栽されています。

品種としてはハナレイドウソンリバーピンクシャンペン

ピンクアルマホワイトアンザックなどがあります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カリステモンの剪定

 

花は春に出た新芽の先に咲きますので、新芽が出る前の3月上旬までに行います。

枝の成長はそれほど速くないので、込み合った枝やヒコバエを剪定する程度です。

大きく育ったカリステモンは移植を嫌います。

 

 

植物情報 NO.12 「ローズマリー」

2017年10月13日 by 天野勝美

 

ローズマリーの特色

 

 

 

 

 

 

 

 


ローズマリーはハーブの代表的なシソ科の植木で、地中海沿岸が原生の常緑の低木です。

細い葉からすっきりとした独特の強い香りを出し、花は白、淡い青、ピンク、濃い青などの

小花を咲かせます。

 

 

 

 

 

 

開花時期は品種によって異なりますが、夏以外の秋から初夏まで咲きます。

殺菌作用と酸化防止作用があり、においの強い肉や魚料理の臭み消し

として使われます。

他にもハーブティー、料理、美容、アロマ、ポプリなど様々な形で利用されています。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ローズマリーの育て方


日あたりが良く乾燥した土壌を好みますが、

逆に湿気やムレに弱いので水はけや風通しを良くすることが大切です。

基本的には非常に丈夫な植木ですが放任すると暴れた樹形になり、

枝も良く伸びるので一年に複数回は切戻しなどの剪定を行います。

花を楽しむためには花が咲き終わった後に行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若い枝からは新しい芽が出ますが、古くなって木質化した固い枝からは

芽が出にくいため、強剪定しすぎると枯れることがあります。

古くなった枝は花が咲きにくく、花を楽しむのには常に若い枝を出させることが大切です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ローズマリーの品種

 

ローズマリーには上に枝がまっすぐに伸びる「立性」

 

 

 

 

 

 

横に枝が這うように伸びる匍匐性

 

 

 

 

 

 

 


両者の中間的な半匍匐性の品種があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

庭のデザインや他の植物とのバランスを考えてどの品種が良いか選びます。

 

 

 

植物情報 NO.11 「カラーリーフのヒューケラ」

2017年10月13日 by 天野勝美

 

 

ヒューケラの特色

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユキノシタ科の常緑の宿根草です。日本では“ツボサンゴ”とも呼ばれ、

銅色、紫、グレー、オレンジ、ライム色、グリーンなど非常に豊富な色のある

カラーリーフの宿根草です。

5月から6月頃に白、ピンク、赤などの小さなサンゴのような花を咲かせます。

コンテナガーデン・ハンギングバスケットから庭まで幅広く使われ、最近では

壁面緑化にも使われています。

ヒューケラだけでもその葉の色の多さでデザインができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒューケラの育て方

鉢植えでは草姿は比較的コンパクトですが、庭に植えこむと予想以上に大きな株になり

葉張り・草丈ともに50センチ以上にもなりるので、植栽スペースに余裕をもって植えます。

日当たりの良いところから半日陰まで植えることができますが、真夏の強い直射日光には

やや弱く比較的丈夫で育てやすい宿根草で、イングリッシュガーデンから自然風の雑木の庭まで

幅広く使われています。

植栽土は腐葉土やバーク堆肥を混ぜて排水と水持ちの良い土に改良し、

古くなった葉を切り取るくらいで管理はほとんど放任状態でいいようです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ティアレアの育て方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒューケラによく似た品種にティアレアがありますが

ヒューケラよりも少しコンパクトな姿で、葉には深い切込みが入ります。

また、葉色も緑が中心で優しい色が多く4月から6月に白や淡いピンクの優しい花を咲かせます。

主にシェードガーデンによく使われています。

ヒューケラに比べて強い日差しと乾燥には弱いので、水持ちの良い土の半日陰に植栽します。

 

 

 

植物情報  NO.10 「夏の花木として注目されているセイヨウニンンボク」

2017年10月13日 by 天野勝美

 

 

セイヨウニンジンボクの特徴


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


夏に涼しげな淡い青紫の花を咲かせる落葉中木です。

本によっては低木とされていますが、樹高は3m以上になるので個人邸では中木として植えます。

夏の暑さや冬の寒さに強く、病害虫の心配もない丈夫で育てやすい植木で

花は6月から8月にかけて薄い青紫の小花を穂状に咲かせます。

最近は白花やピンクの品種もあり、非常に涼しげな雰囲気の花です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月のNHKテレビの「趣味の園芸」でも紹介されましたが、

これからもっと使いたい夏の花木です。

特に花の後の実はヨーロッパでは「チェストベリー」と呼ばれ、

古くからコショウの代わりに使われていました。

またよく熟した実は乾燥させて煮出してハーブティーとして楽しめます。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セイヨウニンジンボク・プルプレア

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別名をミツバハマゴウと呼び、葉の裏が紫がかった色になるのが魅力です。

比較的矮性で、基本種のニンジンボクほど大きくなりません。

冬の耐寒性が弱く庭に植栽する場合は、できるだけ北風の当たらない温かい場所に

植えます。100パーセント冬は大丈夫だとは言い切れません。

今後花遊庭で植栽をして確認をしていきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

セイヨウニンジンボクの植栽と剪定

 

セイヨウニンジンボクは日当たりを好みますが、半日陰でも大丈夫です。

枝の成長はとてもよく、放任していると樹形は暴れます。

夏になるとその年に伸びた枝先に花を咲かせるので、剪定は枝が伸びだす前の

秋から冬の間に行い、切り戻しを行ってまとまりの良い樹形にします。

萌芽力は良く春までに行えばどこで剪定しても、その年は花を咲かせてくれます。